からくり時計 マカロニアンモナイト
ギャラリー
表紙 > Gallery目次 > からくり時計目次 > スライディング・タイマー

●スライディング・タイマー●
説 明 キーボードからも操作できる、最大60分まで30秒単位で設定可能なスライド式多目的タイマーです。タイマーがセットされていない時でも現在時刻の表示が可能です。コンピュータに向かっている時、お出掛けや打ち合わせ時間などのウッカリ忘れの防止や、キッチンタイマー代わりに便利です。
基本的な使い方 時間設定用のスライダ(▽印)を右方向へドラッグし、[START]ボタンを押すとタイマーが動き始めます。スライダが左端に達すると設定したアラーム音が鳴ります。アラームの鳴る時刻は“until”、アラームが鳴るまでの残り時間は“remains”に表示されます。
詳しい使い方 最小30秒から最大60分まで30秒単位でタイマー設定ができます。スライダの移動はタイマーの動作中でももちろん可能です。

スライダを動かすと、アラームの鳴る時刻“until”、アラーム時刻までの残り時間“remains”が変化するので、ある時刻にアラームを鳴らしたい時、○○分後にアラームを鳴らしたい時、のどちらにも便利です。“present”は現在時刻です。

スライダを設定し[START]ボタンをクリックするとタイマーが動き出します。“until”の時刻が固定され、残り時間“remains”が減っていきます。

タイマー動作中に[PAUSE]ボタンをクリックするとタイマーを一時停止できます。一時停止中は、“until”の時刻が進み、残り時間“remains”が固定されます。もう一度[START]をクリックするとその時点からタイマーが再び動き出します。

アラーム音は[SOUND]ボタンから、音無し(NO SOUND)と3種類の音色(A〜C)を選択できます。SOUND-Aは「チン」という音が1度鳴るだけですが、SOUND-BとCは[CLEAR]ボタンをクリックするか鳴り出してから1分経過するまで鳴り止みません([CLEAR]を押さなくても1分経つとアラーム音は自動的に鳴り止みます)。NO SOUNDは音を鳴らさずに画面の一部を点滅させます。この点滅は自動的には止まりません。

アラーム音はタイマーを動作させなくても[CHECK]ボタンをクリックすればどんな音なのかを確認できます。もう一度[CHECK]ボタンを押すか、スライダを動かしてタイマーをセットすると音は止まります。

タイマーを解除する場合は、スライダを左端までドラッグかキー操作で移動させて下さい。手動でスライダを左端へ移動してタイマーを解除した場合には、アラーム音は鳴りません。
キーボードでの操作方法 時間設定用スライダは「←」「→」カーソルキーでも30秒単位で移動できます。シフトキーを押しながら「←」「→」キーを押すと、5分単位でスライダが移動します。

[START]及び[PAUSE]ボタンはスペースキーでも操作できます。

[SOUND]ボタンは「S」キーでも操作できます。

[CHECK]及び[CLEAR]ボタンは「C」キーでも操作できます。
注意事項 本タイマーの時計はあなたのコンピュータの内蔵時計によって動作しています。本タイマーをご使用になる前に、内蔵時計が正しい時刻に合っていることを確認して下さい。

キーボードでの操作は英語入力モードで、タイマーのウインドウがアクティブな状況の時にのみ有効です。日本語入力モードでは正しく動作しませんのでご注意下さい。

ダウンロードしたファイルではなくブラウザ上でご覧の場合、キーボードでの操作ができないときは、本タイマーのボタン以外の箇所をクリックしてからお試し下さい。
時計制作者 Rey.Hori
展示日 2004.2.2

DOWNLOAD
ダウンロードは無料です。この時計は個人的にお使いになる以外、ホームページなどへの再アップロード、その他の再配布や商用利用はお断わりいたします。

Webmaster:ammo@tokyo.fujifilm.co.jp  Copyright:マカロニ・アンモナイト編集部