マカロニアンモナイト
お手軽写真シリーズ
撮れルンです!Night & Day
【ガーリィ・ポートレイト後編】
文・写真/河野朝子 モデル/高橋玲那
後編目次 5 6 7 8 2003年10月掲載

■5■ フラッシュは使わにゃ損−1−
〜Night&Dayでスローシンクロ気分〜



 ところでフラッシュってどんなときに使う?「暗いときー!」「暗いときー!」「夜、写真撮るときー!」イヤ、まぁ、そうなんだけどさ。

 でも暗いときにカメラ任せでフラッシュ使うと、いくらフラッシュの光量を自動的に調節してくれるカメラや写ルンですでだって背景どっツブレの「で、これどこで撮ったんです?」な写真になってしまうことも多かった。そーゆー写真はダサく見えることも多いわけ。

 そんなとき、デジカメやコンパクトカメラだったらフラッシュをスローシンクロモードにして撮るのが世界のジョーシキの解決策ってのはすでにおわかりでしょう。しかしいくらなんでも写ルンですではそれはチョットできない相談、と思っていた私をどうかお許しください。

 巷で大ブレイク中の写ルンですNight&Day、前の月刊特集の『日本の夏! 打ち上げ花火をカンタンに撮る』を見てビックリした人は多いと思う。今まで花火写真と言ったら失敗の連続で「もう花火なんか撮るもんかぁ!」って思ってた人も、すご過ぎの写ルンですでこの夏、再びチャレンジしてみたんじゃないかな。

 Night&Dayは要するに『スローシンクロモードのある写ルンです』だ。シャッタースピード1/45と言う、レンズ付きフィルムでは世界最遅(2003年8月現在)のシャッターが切れることによってその鮮やかな『ちょっと暗いところ』が写せるんだね。

拡大表示-->
フツーにダサい。
撮影 by FinePix F410



拡大表示-->
最近流行りの「昼間なのに背景が少し暗くて被写体だけ明るい写真」を真似してみた。日中『アカルサ補正』の付いてるデジカメで極限までマイナス側に補正してフラッシュたいて撮る*
撮影 by FinePix F410




拡大表示-->
夜景だけじゃなくこんなときにも、Night&Dayは効果を発揮。こんなのフツーにフラッシュたいて撮ったら背景が出ないわね。
撮影 by 写ルンですNight&Day
拡大表示-->
夕方だってスローシンクロモード、だよね。
撮影 by 写ルンですNight&Day

 だからNight&Dayは花火とか夜景だけじゃなく、いつものスローシンクロなシチュエーションでもちゃんと活躍する。もちろん写ルンですだからピントも楽チンなので、あれこれ悩む前にシャッター切りたい! って人には福音とも言えるのだ。




*注1
ただし本格的に暗いところでそれをやってもカメラが「暗いところでなにアカルサ補正なんてしとんねん」と自動的に補正を解除してくれるため、何も起きなくなってしまうことがあるのであった。

協力:パト・ア・シュ

それ以前の問題の超初心者向け、やさしい写真撮影講座
◆ローテク・フォトレッスン「撮れルンです!」


<--Back  Next-->


表紙へ特集目次へ投稿窓口へ

Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部