マカロニアンモナイト
webマガジン「マカロニアンモナイト」特集
郵便切手のすべて
〜原始メールにアートを乗せて〜【前編】
文・写真/河野朝子
前編目次 1 2 3 4 →郵便切手のすべて後編へ 2003年11月掲載

 さぁ、今年も残り僅かとなってまいりました。11月の声が聞こえたら何をせにゃならんか? といったらこりゃもう年賀状の心配に他ならない。
 写真を選んだりデザインを決めたり住所録を整理したり、なんてのをノロノロとやってるウチに気が付くと12月になってたりするのが毎年の恒例行事と化してる日本国民の皆さん! マカロニ・アンモナイトからのスクープ画像、来年用の年賀切手のモデルさん達の写真をお贈りいたしましょう!
 って、なにやってんですか、コーノさん。えーっと、実は前回の特集の最後切手を偽造*、じゃなくて模倣していてにわかに切手のことが気になり始めた私は本丸日本郵政公社「切手について教えてくださーい!」とお邪魔してしまったのだ。
 切手についていろいろお話を伺ったり、年賀切手モデルのサル君達と対面したりして、今年こそは年末にドタバタするまい、と心に誓ったものの果たしてどうなることやら。

申玩具写真

来年用の年賀切手のモデルはこいつらだ! 可愛いぞっ!

■1■ 気になる切手が続々登場
■2■ 切手ができるまで−1−
5人の精鋭、空だって飛ぶ
■3■ 切手ができるまで−2−
人の話はとことん聞く
■4■ 切手ができるまで−3−
やっとこ作画


マカロニアンモナイト特集
→「郵便切手のすべて」後編へ
!注意!
 切手は日本国が発行する有価証券であるからして偽造はものすごく立派な犯罪である。



※協力:日本郵政公社



関連リンク
年賀状はまかせてキレイ、フジカラーポストカード


表紙へ特集目次へ

Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部