マカロニアンモナイト
■月刊特集
高額落札も夢じゃない!?
写真

ネットオークション写真の撮り方

‥‥‥‥(前編)
文・写真/青木栄次郎

前編目次|【1】|2345 2004年11月掲載

Step[1] 落札価格は写真で決まる!?

商品を美しく見せるのは商売の基本です

誰だって、同じ商品を買うなら薄暗くて商品が乱雑に陳列されたお店で買うよりも、明るくてきれいに陳列されているお店で買いたい、と思います。同じようにネットオークションでもきれいな写真と丁寧な解説がされている人から買いたい、と思うのが人間の心理です。ネットオークションに出品するということはまさに、「あなた」というお店を構えること。出品者の顔が見えないインターネットの世界では、掲載する写真の出来映え一つで、落札価格が変動することはもちろん、出品者であるあなたの人格や人柄を判別されてしまうこともあります。売る方だって、できるだけ高く買ってほしいしいい印象を与えたい。だから最低限の努力はしてみましょう。それはまさしく「自分のため」なのですから。



お金をかけなくてもきれいに撮れる

ここで2枚の写真を見比べてください。あなたならどちらを買いたいと思いますか。左の写真は実際にネットオークションで見かけた典型的な失敗写真を再現したもの。これでは商品の魅力を半分も伝えることができません。


床置き金の腕時計 金の腕時計
拡大表示-->
拡大表示-->

この2枚の写真は、同じ商品を同じカメラで撮影したものです。しかも、使用したカメラは一眼レフカメラのように特別な機能があるものではなく、普通のコンパクトタイプのデジタルカメラです。撮り方のコツさえマスターしてしまえば、写真の出来栄えはここまで変わります。

「でも、きれいに撮るには少しでも高いカメラを買った方がよいのでは・・・。」

ご安心ください。ネットオークション写真に限って言えば、今お使いのカメラでも十分きれいに写すことができます。実際、今回使用したデジタルカメラも普通のコンパクトタイプのカメラです。また、用意したものはどこのご家庭にもある身近なものや100円ショップで購入できるものばかりです。大切なのは撮りたいイメージを固め、撮り方のコツを身につけること。今回はできるだけ専門用語を省き、分りやすい作例写真を多用した、誰でもすぐに始められる撮影のコツ特集です。これを機会にぜひチャレンジしてみてください。

−Step [1] まとめ

1. 写真の見栄えで落札価格も評価も変動する

2. 高いカメラは必要ない

F440
作例撮影に使用したカメラ:FinePix F440

<--Back    -->Next 何はともあれ部屋を片づけよう



前編目次【1】2345 2004年11月掲載

表紙へ特集目次へ

Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部