マカロニアンモナイト
月刊特集
写す人 第三回
写真

写真用レンズの最前線を探る

−新生フジノンを訪ねて−(前編)
文・写真/中山慶太  取材協力:フジノン株式会社

【前編目次】|1234→後編目次へ 2005年1月掲載

■1■ 再び、聖地巡礼
写真用レンズは不思議だ/フジノンの独自性/写真用カメラとレンズをつくるひとたち


■2■ ここまで進化したフィルムカメラ
『NATURA S』/24mmという広い画角/口径比はF1.9/フィルムカメラだからできることの限界を極める


■3■ 大口径レンズという伝統
NATURA Sのレンズ構成は6群7枚/伝統的な対称形レンズ/“非球面レンズ”/大口径レンズの伝統


■4■ 海を越えたコラボレーション
『GX645 AF Professional』/ハッセルブラッド社とのコラボレーション/頑固な相手との共同開発



写真用レンズの最前線を探る
→【後編】の目次へ

写真

■関連写真特集ページへのリンク
初心者向けの写真撮影記事目次
写す人1「創造の記憶」(2002年1月掲載)
写す人2「写真用レンズをつくる人たち」(2003年1月掲載)
写す人4「写真画質はこうして創られる」(2005年9月掲載)


■超高感度の銀塩写真だからできる、新しい写真の魅力。NATURAのことをもっと知りたいならこちら。
NATURAプロモーションサイト


表紙へ特集目次へ

このページへのリンクについて
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部