マカロニアンモナイト
月刊特集
写す人 第三回
写真

写真用レンズの最前線を探る

−新生フジノンを訪ねて−(後編)
文・写真/中山慶太  取材協力:フジノン株式会社

前編目次←|【後編目次】|5678 2005年2月掲載

■5■ 与えたもの、与えられたもの
GX645AFプロジェクト/ふたつの国の距離は/スウェーデンの工業に学ぶべきこと


■6■ 驚異の速写性を実現するレンズ設計
『GX645AF』のレンズシステム/ツァイスと同等のMTFを基準に/将来を見据えた「デジタル対応」


■7■ ベテラン設計者のバランス感覚とは
デジタル対応設計/曖昧さが許されない/コーティングを最適化/製造ラインにおける組み立て精度の確保


■8■ 進化する光学技術のこれから
デジタルカメラ用レンズの鏡胴設計/ズームの駆動音を消す/デジタルイメージと光学技術の融合/その画質はあのフジノントーン


写真用レンズの最前線を探る【前編】の目次へもどる<−−



写真

■関連写真特集ページへのリンク
初心者向けの写真撮影記事目次
写す人1「創造の記憶」(2002年1月掲載)
写す人2「写真用レンズをつくる人たち」(2003年1月掲載)
写す人4「写真画質はこうして創られる」(2005年9月掲載)


■レンズ交換式中判AF一眼レフカメラ
→GX645AF Professional製品情報

■超高感度の銀塩写真だからできる、新しい写真の魅力。
NATURAプロモーションサイト


表紙へ特集目次へ

Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部