webマガジン「マカロニ・アンモナイト」
月刊特集
マカロニアンモナイト

お花見へ行こう!〜サクラ前線 北上中〜(前編)

本文/本小まゆみ  写真/マカロニ・アンモナイト編集部  撮影テクニック/青木栄次郎

前編目次【4】→後編目次へ 2005年3月掲載

お花見の達人《花》
〜花見は花を見なくちゃね〜


→拡大表示

桜を見にお出かけ。
使用カメラ:FinePix F700  撮影条件:AUTO標準  ISO200 F5.6 1/420秒 撮影地:神奈川県川崎市・宿河原親水公園(2004年4月)



 『お酒がキライだからお花見宴会は、好きじゃない』

 …という人でも“サクラが満開!”と聞けば、サクラを見に行きたくなるのが日本人の常。でも「近所の公園ばかりじゃつまらない」とか「いつものお花見と気分を変えたい」と思っているアナタは、ちょっと気分を変えて、国の“天然記念物”に指定されているサクラを見に行くというのも一興かも。

 歴史とロマンあふれる樹齢何百年(なかには千年を超えるものも!)というサクラの木を見れば、日頃の疲れを吹き飛んで、リフレッシュできること間違いナシ!
 近くに天然記念物があるという人も、小旅行をかねて、ちょっと足をのばして別のサクラを見にいこう。


→さらに倍サイズで拡大表示

超高精細・超鮮烈色の個性派リバーサルフィルム「フォルティアSP」(35mmフィルム)で写した、早咲きの河津桜。元々ソメイヨシノより花のピンク色が濃い河津桜を、色を強調する特別なフィルムで撮影すると、さらに鮮やかなピンク色に写ります。
撮影レンズ:200mm 撮影データ:f8.0 1/125秒 撮影フィルム:fortiaSP(35mm) 撮影地:静岡県・南伊豆町(2005年2月)





■国の天然記念物に指定されているサクラ

■盛岡石割ザクラ(岩手県盛岡市)
■龍谷寺のモリオカシダレ(岩手県盛岡市)
■角館のシダレザクラ(秋田県仙北郡)
■鹽竃神社の鹽竃ザクラ(宮城県塩竃市)
■南谷のカスミザクラ(山形県東田川郡)
■伊佐沢の久保ザクラ(山形県長井市)
■三春滝ザクラ(福島県田村郡)
■馬場ザクラ(福島県安達郡)

■大戸のサクラ(茨城県東茨城郡)
■桜川のサクラ(茨城県西茨城郡)
■金剛ザクラ(栃木県日光市)
■三波川<サクラ>(群馬県多野郡)
■石戸蒲ザクラ(埼玉県北本市)
■大島のサクラ株(東京都大島町)
■小木の御所ザクラ(新潟県佐渡郡)
■極楽寺の野中ザクラ(新潟県東蒲原郡)
■梅護寺の数珠掛ザクラ(新潟県北蒲原郡)
■小山田ヒガンザクラ樹林(新潟県五泉市)
■橡平サクラ樹林(新潟県北蒲原郡)
■素桜神社の神代ザクラ(長野県長野市)
■松月寺のサクラ(石川県金沢市)
■山高神代ザクラ(山梨県北巨摩郡)
■躑躅原レンゲツツジおよびフジザクラ群落(山梨県富士吉田市)
■狩宿の下馬ザクラ(静岡県富士宮市)
■木曽川堤<サクラ>(愛知県江南市・一宮市)
■根尾谷淡墨ザクラ(岐阜県本巣郡)
■揖斐二度ザクラ(岐阜県揖斐郡)
■霞間ヶ渓(岐阜県揖斐郡)
■中将姫誓願ザクラ(岐阜県岐阜市)
■臥竜のサクラ(岐阜県大野郡)

■常照皇寺の九重ザクラ(京都府北桑田郡)
■樽見の大ザクラ(兵庫県養父郡)
■白子不断ザクラ(三重県鈴鹿市)
■知足院ナラヤエザクラ(奈良県奈良市)

■三隅大平ザクラ(島根県那賀郡)
■大村神社のオオムラザクラ(長崎県大村市)
■ヒガンザクラ自生南限地(鹿児島県姶良郡)

■荒川のカンヒザクラ自生地(沖縄県石垣市)

※文化庁データを基に作成。
※サクラの種類はそれぞれ異なりますのでご注意ください。(ソメイヨシノとは限りません)










桜キレイ撮りテクニック その6
写真にアクセントをつける

桜そのものも十分春を感じさせる被写体ですが、それだけを撮っていては写真が単調になりがちです。桜と一緒に春を感じさせる対象を一緒に写すと、写真がグッと引き立ち春らしさが増します。

→拡大表示

偶然やってきたメジロと桜を一緒に撮影。桜だけでは単調だった写真を引き立たせてくれました。
撮影/青木栄次郎 
使用カメラ:FinePix F710  撮影条件:絞り優先AE ISO200 F6.4 1/180秒(デジタルズーム併用) 撮影地:東京都新宿区(2004年3月)




桜キレイ撮りテクニック その7
淡い色の桜をピンク色に写すウラ技

桜と言えばピンク色を想像しますが、日本人にもっともポピュラーなソメイヨシノは色が淡く、ほとんど白に近い色。これをイメージ色に近いピンク色に写してしてしまう裏ワザが、デジタルカメラのホワイトバランスの設定蛍光灯(昼白色蛍光灯)モードでは桜が赤みを帯び、イメージに近いピンク色に仕上がります。



→拡大表示
→拡大表示

ホワイトバランスを「AUTO」モードで撮影。
作例撮影/青木栄次郎 
使用カメラ:FinePix S2 Pro  撮影条件:絞り優先AE ISO100 F11 1/60秒 撮影地:東京都千代田区・千鳥ヶ淵(2004年4月)


ホワイトバランスを「昼白色蛍光灯」で撮影したもの。
作例撮影/青木栄次郎 
使用カメラ:FinePix S2 Pro  撮影条件:絞り優先AE ISO100 F11 1/60秒 撮影地:東京都千代田区・千鳥ヶ淵(2004年4月)


この他にもいろいろな色にホワイトバランスを設定できますが、お使いになるカメラのメーカーや機種により効果は異なりますので、いろいろと試してみてください。

(桜キレイ撮りテクニック・前編 終わり)

Back お花見の達人《食&酒》<--            

月刊特集「お花見へ行こう!〜サクラ前線北上中〜」
-->Next 【特集・後編】へ
ソメイヨシノや桜餅の由来・お花見の歴史「夜桜撮影のコツ」など





もっと詳しい撮影テクニックについては、こちらもご覧ください。
「Fotonoma 写真撮影テクニック」
桜・梅を撮ってみよう!

デジカメで撮った桜の画像を、ネットから写真にできます。
デジカメから写真にしたい→「ネットでデジカメプリントする」


前編目次【4】→後編目次へ 2005年3月掲載
表紙へ特集目次へ

このページへのリンクについて
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部