webマガジン「マカロニアンモナイト」月刊特集
マカロニアンモナイト

デジタルカメラで写す犬との暮らし(後編)

文/hal's dad、マカロニ・アンモナイト編集部  写真/hal's dad

後編目次【5】678 2005年12月掲載
犬と出かけよう! キャンプ編
まず車に慣らす犬と一緒の旅といえばキャンプこどもに注意熱中症に注意ワンポイント犬撮影テクニック「流し撮り」





■まず車に慣らす/車酔いを防ぐ

 犬の身体は生後約1年で完成すると言われている。臓器が完成する前にいきなり長いドライブをさせるのは犬に不快と不安を与えかねない。そこで、まずは短い距離から徐々に“車に慣らしてゆくこと”が望ましい。

 仔犬の時期には犬の身体がグラグラ動かないように同乗者が手を添え、ある程度大きくなってからも広い座席で自由にさせずケージ等に入れ、ときどき声をかけるくらいの方が犬が落ち着くし安全。また、ただでさえ慣れない車でドキドキしながら行った先が恐い病院ではますます車ギライになってしまったりするので、「車に乗る」「誉められる」「楽しいことがある」との条件付けができるまでは、行き先にも気を配ることはもちろん、車の中で排泄や嘔吐などの失敗をしても大騒ぎせずにそっと始末をしよう。何が原因で犬が車嫌いになるかわからないものだから。(飼い主の気持ちを犬は敏感に感じ取るので、道に迷っても渋滞しても運転席でイライラしたり口論をしない。これはウチの鉄則です)

 他のしつけと同じく、一度や二度の失敗で「この子はダメ」と決めつけずに気長に根気強く行こう。


HAL_生後70日(墓参りを理由に何度も出かけたころ)。後部座席にmomと、ひざの上にはタオル。


いつものキャンプ場から車で数分にある滝で。雨が上がり急に晴れてきたためか、濃い霧が出ていた。





■犬と一緒の旅といえばキャンプ

 犬と宿泊できる宿も増えたけど、大型犬を受け入れてくれるところはまだ少ない。そこで、ウチでは犬と一緒の旅といえばキャンプが定番になっている。

 初めのころはいろいろな場所を探しあちこち行ってみたものだ。季節外れの雪が降って、朝、目を覚ましたらテントが倒れていたなんてこともあった。

 HALが落ち着いてくるころには富士山の近くのキャンプ場が定宿となった。HALの好きな水場が距離と広さに応じて選べることが第一の理由だが、ひとつのキャンプ場に長く通っているとキャンプ場オーナーの親身な対応も嬉しいし、季節の移り変わりを同じ場所で定点観測出来るのも楽しい。

キャンプ場近くの水場の一つ。いくつかある水場の中でここは1番低い位置にあり渓谷のような雰囲気。〔安定の悪いところで「スワレ」と言われ緊張しているHAL〕






■“犬好きのこども”に注意

 家族連れでにぎわう季節は特に“犬好きのこども”に注意が必要。炊事場から戻ると犬がこどもに囲まれていたなんてこともある。親子がそろっている時に挨拶を交わし「飼い主がいない時には犬に触らないで」と伝えておくことで不慮の事故を回避しよう。

山中湖にはラブラドール飼いの友人2組の山荘が極く近い場所にあり、その2軒を行ったり来たりして遊ぶ。楽しいことが待っていそうで思わず速足になる。






■車の中での熱中症に注意

→拡大表示 
秋のキャンプ場・木漏れ日の中で。





焚き火のそばでくつろぐ。

 夏は犬を車の中に入れたまま車を離れてはいけない。エアコンをつけていない車内は、30分ほどで60度近くまで温度が上昇するため、犬が熱中症になってしまう危険があるからだ。

 僕たちも以前、HALを車の中に残したまま買い物に出かけ、車に戻ったときにはHALがグッタリしていたということがあった。水を飲ませようとしても飲めないような状態だったので、慌てて近くのガソリンスタンドに行き少しずつ水をかけ身体を冷やし事なきを得たのだが(後で獣医に聞いたところ『“急激に”冷やしすぎると心臓発作を起こすことがある』と注意された)、「短い時間だから大丈夫」という飼い主の油断が犬の命を奪いかねないので気をつけてほしい。


※編集部注:
夏に限らず春や秋でも気温の高い日には熱中症への注意が必要です。また、キャンプ場だけでなく、サービスエリアでの休憩時や、ドライブ中に食事・買い物に立ち寄った駐車場などでも車内熱中症にかかる危険性があります。エアコンをつけていても何らかの事情でエンジンがストップしてしまうこともありますので、できるだけ車内を犬だけにせず誰かがついてあげるようにしましょう。






●ワンポイント犬撮影テクニック「流し撮り」

比較的遅めのシャッタースピード(1/60秒程度)で撮影し、背景を流す。
脇を締め、身体全体を使ってカメラをホールドし、犬を追う(身体を振り抜く感覚)。
縦方向の手ブレを防ぐために1脚を使うのも良い。

※関連リンク→ローテク・フォトレッスン「撮れルンです!」流し撮りに挑戦!



→拡大表示 
→拡大表示 







Back 後編目次<--    -->Next 犬と海へ湖へ


マカロニアンモナイト月刊特集「デジタルカメラで写す犬との暮らし(後編)」
後編目次【5】678 2005年12月掲載


表紙へ特集目次へ

このページへのリンクについて
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部