TOP > 特集目次 > デジタルカメラの使い方と写真の撮り方目次 > ■8■
webマガジン「マカロニアンモナイト」月刊特集
マカロニアンモナイト
詳し過ぎる解説はよけい分からないとお困りの超初心者のみなさまへ……
簡単!デジタルカメラの使い方と写真の撮り方 -後編-
【超基本】デジカメなんか怖くない!

写真・文/河野朝子 

後編目次567【8】 2007年6月掲載
■8■デジカメ写真を保存しておく方法
写真はCD-Rに保管できます旅行に行くときは


これがCD-Rです。音楽CDとほぼ同じ形をしています。



●デジカメに入っている写真はCD-Rに保存できます

  • デジカメとパソコンをつないで、カメラの中に記録された写真をパソコンにコピーすることができます。

  • パソコンをお持ちでない方、または、パソコンの使い方がよくわからない方は、写真店にデジカメの中にある記録メディア(メモリーカード)を取り出して持っていき、メディア(メモリーカード)に記録された写真の内容を、『CD-R』という円盤にコピーしてもらうことができます(プリント受付機で注文することができます)

  • このCD-Rには撮った写真が記録されているため、フィルムの場合のネガと同じような役目の物になります。あとで写真をさらにプリントしたくなったときは、このCD-Rを写真店に持っていってプリント注文することができます。大切な写真が入ったCD-Rは大切に保管してください。

  • メディア(メモリーカード)内の写真をCD-Rにコピーしたあとは、CD-Rに写真が記録されているので、メディア(メモリーカード)の内容をすべて消去しても、写真を記録したCD-Rからプリント注文したりパソコンに表示させて写真を見たりできます。

  • 写真でいっぱいになったメディア(メモリーカード)は、記録された写真を消去すれば、また撮影して新しい写真を記録していくことができます。 大切な写真は、パソコンやCD-Rに写真のコピー(バックアップ)をとった事をしっかり確認してから、メディア(メモリーカード)から消去しましょう。

  • もしパソコンにもCD-Rにもコピーをとらず(バックアップをとらず)に誤って写真を消してしまったときでも、写真のプリントが残っていれば、写真店でプリントからさらにプリントしてもらうこともできるので、プリントも大切に保管しておきましょう。



●旅行に行くときはスペアのメモリーカードを…

旅行に行くと「いいな」と思った物はなんでも写真に撮りたくなりますよね。スペアにメモリーカードと充電済みの電池をもう1組持っていくと、いざというときに役に立ちます。充電器も忘れないようにしましょう(海外旅行の場合は海外で使えるかどうか確認してください。またコンセントの形状が異なるため変換機が必要となる国があります)


デジカメでは、フィルムカメラでは写さなかったような物も、あれもこれもとたくさん撮りたくなります。旅に出るときには写真をたくさん撮れるように、デジカメのメモリーカードのスペアを忘れずに持って行きましょう。

※撮影 by FinePix F700、FinePix F601




※デジカメの機種によって用語や操作方法が異なります。登場する用語については各デジカメの取扱説明書の目次や索引を探してみてください。
※説明書の見方がよくわからない場合はデジカメの製造メーカーや身近にいる詳しい人に訊いてみましょう。
※写真を保存するCD-Rについて詳しくは→「写真をCDで保存する」へ






Back 7 うまく撮れたら…<--

月刊特集「簡単!デジタルカメラの使い方と写真の撮り方」
-->この特集の最初のページへ



★もっと写真の撮り方を知りたい人に。
初心者向けの写真撮影記事の目次ページ



マカロニアンモナイト月刊特集「簡単!デジタルカメラの使い方と写真の撮り方 −後編−」
後編目次567【8】 2007年6月掲載
表紙へ特集目次へ

このページへのリンクについて
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部