TOP > 特集目次 > 水中写真に挑戦!目次 > 【3】
webマガジン「マカロニアンモナイト」月刊特集
マカロニアンモナイト
夏はビーチリゾートでダイビング
海の生き物に出会う、水中写真に挑戦! -前編-


写真・文/むらいさち 

前編目次12【3】45 2007年7月掲載
3.ダイビングライセンスがなくても
リゾート写真に挑戦スノーケルで撮影・ダイビングエリア「セブ」


●リゾート写真に挑戦

ダイビングライセンスがなくても十分写真を楽しむ事は出来ます。
いくつか作例を見ながら、リゾートの写真を紹介しましょう。


ビーチ際では、波がかかったり、子供に水をかけられるなど、気を使いますが、ハウジングに入れてしまえばそんな心配もなく撮影に集中出来ます。この写真は、カメラを砂に少し埋めて撮影しています。これもハウジングならではですね。



ビーチに座りながらこんなさわやかな写真も撮れちゃいます。



海の潮風なども気にせずに、お花や人など撮影出来ます。

ビーチリゾートでは、カメラの水没の危険と隣り合わせ、ハウジングにカメラを入れてしまえば、今まで見た事のないリゾート写真の撮影が出来ます、プールや海でもお子さんの笑顔など是非撮影してみて下さい。




●スノーケルで撮影

ダイビングは出来なくてもスノーケルなら、誰でも簡単に行う事が出来ます。
南国のトロピカルフィッシュやスノーケルをしている友達や子供など、撮影出来たらうれしいですよね?


水面でのカット、こんな写真も簡単に撮影出来ちゃいます。


水面からビーチを撮影、こんなポスターに出来そうな写真も写せます。
水滴がレンズ面に付いてないか確認しましょう。


足下のきれいなトロピカルフィッシュも、大切な思い出。

旅の写真の中に水中写真が混じる事によって、今まで見た事の無い様な旅アルバムが出来上がりますね。
このアルバムを見せた友人の驚きの笑顔が、目に浮かびませんか。

ビーチリゾートに行く時には、是非水中写真に挑戦してみて下さい。



ダイビングエリア*ミニ案内「セブ」

フィリピンにあるセブ島には、多くのダイビングスポットがあり、バリエーションも豊か。一番の特徴は、魚の豊富さでしょう。栄養豊かな海だけに、とにかくいろいろな魚が見たいという方にはお薦め。 その他にも、綺麗な珊瑚礁などもあり、何度行っても飽きる事がなく、被写体にも事欠きません。アジアならではの街並、ショッピング、そして食事など、陸上でもいろいろと遊ぶ事が出来るのも特徴です。





Back 2 水中の世界って?<--   -->Next 4 水中写真に挑戦



マカロニアンモナイト月刊特集「海の生き物に出会う、水中写真に挑戦! −前編−」
前編目次12【3】45 2007年7月掲載
表紙へ特集目次へ

このページへのリンクについて
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部