TOP > 特集目次 > 築地場外・写真散策 目次
webマガジン「マカロニアンモナイト」特集
マカロニアンモナイト
築地場外・写真散策
〜フォトジェニックな市場を歩く〜


写真・文/中山慶太

【目次】|12345 2008年5月掲載


1、旧き良き下町を歩く
活気ある市場の風景がいろんなひとに元気を与えるためだろうか。そう思っていたら、今度は築地が舞台の映画ができるという。


2、受け継がれる商習慣
午前6時の場外。場内と違い、こちらの人通りはまだ少ない。広洋・大澤社長によれば「朝の9時から10時頃がいちばん混み合う時間帯」だそうだ。


3、ガンコな街を愉しむ秘訣
伝統を守り続けるいっぽうで、新商品の考案にも余念がない。「玉子焼は食事のおかずだけでなく、お茶請けのお菓子感覚でも味わって欲しい」という。


4、築地からちょっと脚を伸ばして
朝の陽光に照らされた勝鬨橋を築地の高みから眺める。ふたつのアーチに挟まれた中央部が跳ね上がる構造だ。


5、築地は本願寺からはじまった
土地といってもそれは地面ではなく、八丁堀沖の海面だった。江戸幕府は「埋め立てて使うこと」を指示したわけで、かなり無茶な話である。



この特集の撮影に使用したフィルム

フジカラー REALA ACE

フジカラーPRO400

フジカラー NATURA 1600

ネオパン 100 ACROS



マカロニアンモナイト 特集「やっぱり築地が面白い」(2007年12月掲載)

Fotonoma×映画『築地魚河岸三代目』タイアップ企画フォトコンテスト実施。(応募期間:2008年5月15日〜6月25日) 築地ならではの賞品をご用意。出演者が審査します!


写真総合サイトFotonoma(フォトノマ)はこちら。



■マカロニアンモナイト 類似関連記事へのリンク
特集「おいしい鍋の囲みかた」(2004年1月掲載)
エッセイ 「Classical Photo-gear Explorers 東京レトロフォーカス」(2002年5月〜掲載)

初心者向けの写真撮影記事Index

マカロニアンモナイト特集「築地場外・写真散策」
【目次】|12345 2008年5月掲載
表紙へ特集目次へ

このページへのリンクについて
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部