TOP > 特集目次 > ケータイのカメラで遊んでみた > 【2】
webマガジン「マカロニアンモナイト」特集
マカロニアンモナイト
撮れルンです! 番外編
ケータイのカメラで遊んでみた♪

写真・文/河野朝子  モデル:山岡祐子

【目次】1【2】3 2008年8月掲載

サングラスがイマイチな理由(ワケ)


だったらサングラスを付けてみたらどうなるかな?


サングラスをかけるとどうなるかな?
※撮影 by FinePix S100FS


アンバーっぽい色になったりするんだろか?



結果:ならない(ことが多い)


うううううむ、、、
※携帯電話のカメラ(130万画素)で撮影


ガッカリ、、、なんで?



 デジタルのカメラは自動的に光の色を見分けることができて「このへんが白!」というのを感知してくれる。だから上の写真は「えぇ? どっちの白が白?」とカメラさんが結構悩んでいるのだ。

 上の写真で左半分のサングラスがないところでは人の肌が「どうしちゃったの?」ってくらい緑だけれど、右半分のバッグに入ってる布はワリと白っぽい。ってことはカメラさんが布を「この画面の中の白の基準はこれ?」って判断してる、という意味になり、下の写真はレンズ全面をサングラスで覆ったのでちょっと暗くはなってるけれど別にアンバーっぽくなったりしてないのだ(向こうに座っている人の靴のゴム部分に白が合っていると思われる)。これはこれで効果としては面白いけどね。

 最近のケータイのカメラでは『ホワイトバランス』を変えることができる機種も多くてこれを使えばカメラを騙していろんな色具合の写真が撮れる。

 興味がある人は試してみてね!


参考記事:蛍光灯、一体何種類あるんだ!




Back 1 いろんなもんを<--   -->Next 3 小道具っぽい物を



マカロニアンモナイト特集「ケータイのカメラで遊んでみた♪」
【目次】1【2】3 2008年8月掲載
表紙へ特集目次へ

このページへのリンクについて
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部