* 週刊フォトエッセイ*

週休六日のススメ

  文・写真/福山庸治 --->Back Number


写真
---> 拡大表示










126 ミュージカル映画「私鉄前線」

 ところが、先日TVを見ていたら、「かたくり家の幸福」*だったか何だったか、そういったようなタイトルの、なんと驚くべきことに、日本製ミュージカル映画を紹介している。沢田研二や松坂慶子や丹波哲郎が、舞台ではなく、フィルムの上で唄ったり踊ったりしているのである。僕は我が目を疑った。今日この時代、よりによってこの日本で、ミュージカル映画が作られていようとは。

 しまった、先を越された、と思った。
 我がミュージカル映画「私鉄前線」の実現の可能性は、今のところまったくゼロに等しいにもかかわらず、そう思った。日本製のミュージカル映画など、まかり間違って僕が作るまでは、絶対に誰も作るはずがないと思っていた。それが、既に作られていた。あちらはブラック味のホラーで、僕のほうはナンセンスだが、ギャグ&コメディであることは共通している。ここで僕がもしミュージカル映画「私鉄前線」を作れば、どうしたってマネと映り、二番煎じだと思われてしまうに違いない。いくら出来が良かろうと、よくぞこんな奇怪な映画を作ったもんだというような、先駆的映画としてのサプライズだって消えてしまうではないか。

 なんだか、ひどくガッカリした。
 が、このミュージカル映画が成功して欲しいとも思った。
 二番煎じと思われようと、僕はミュージカル映画「私鉄前線」を作りたい、そのためには、先達がコケてしまっては困るのである。

*編集部注)
「カタクリ家の幸福」(松竹2001/「カタクリ家の幸福」製作委員会)は三池崇史監督作品で2002年2月23日より公開中です。


2002年03月13日掲載

<--Back     Next-->



Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部