写真
---> 拡大表示



* 週刊フォトエッセイ*

週休六日のススメ

  文・写真/福山庸治 --->Back Number 




145 消費者じゃ物足りない

 僕は、典型的な生産型の人間であろうと思う。

 現代の大量消費社会に生きる者として、ほんの一瞬たりとも、消費者であることをやめるわけにはいかないが、タイプとしては、消費型の人間ではない。食べることにせよ、家のメンテナンスにせよ、他人任せの消費者であるだけでは、どうしても物足りなくなってしまうという人間である。自分に到底手の届かないような難しいことなら、餅は餅屋と、さっさと諦めるが、自分にも出来そうなことだと、“やってみたい”好奇心がどんどん増殖してしまうのである。

 だから、自分でも料理を作り、猫の額の庭を耕し、大工仕事をする。要するに、作ることが好きで、何よりも面白いのだ。何をどう作るかを考えるのも楽しいが、出来上がったときの達成感も快感だ。そんな良いことずくめの面白いことを、わざわざ高い金まで払って他人にやらせるなんて、実にもったいないと僕は感じるのである。


2002年08月07日掲載

<--Back     Next-->



Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部