* 週刊フォトエッセイ*

週休六日のススメ

  文・写真/福山庸治 --->Back Number


写真
---> 拡大表示










160 締切を切り抜けろ!

 とはいえ、マンガを描くこと自体は、あくまで労働であり、必ずしも楽しいばかりではない。というより、絵をたくさん描くのが面倒だと感じることのほうが通常で、「よっこらしょっ……ふう……」といった気分の時のほうが圧倒的に多い。某国の「喜び組」のような、満面の笑みを浮かべながら、日々歓びに満ちて執筆に励むことなど、まずあり得ないということである。出来れば、うまく手を抜いて、短期間、短時間で締切を切り抜けようと思っている。

 その、うまく手を抜く方法がある。
 ハナシの舞台を、昼間の砂漠(※)に設定するのである。
 (※夜の砂漠だと、ベタをまんべんなく塗らなくてはならず、その分だけ労働量が激増する)
 これだと、背景の絵は、1〜2本の細くて弱々しい線で事足りる。
 実に楽である。

 締切が押してきて、
 どう考えても、背景にまで手が回りそうもない時など、
 マンガでは、そういう方法を使ってきたが、
 こうしたエッセイでは、
 専門外で不慣れなせいか、
 手の抜き方がイマイチわからない。


 せいぜい、
 こうやって、
 改行を多くして、
 行を稼いでみたり
 しているのだが、

 図に乗って
 何回も
 やったら、
 たぶん、
 読み
 にくい
 という
 苦情
 が
 殺到
 するだろう
 から

 これっきり
 使えそうにない
 だろ
 う
 な
 …………


2002年11月27日掲載

<--Back     Next-->



Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部