写真
---> 拡大表示



* 週刊フォトエッセイ*

週休六日のススメ

  文・写真/福山庸治 --->Back Number 




225 カンピュータ養成講座(3)

 こんなことを書いていると、非常勤講師をクビになるかもしれないが、そうなったらそうなったで仕方がない。もっと講師としての能力が高い人に替わったほうが、学生にとっては幸せなだけのことである。

 しかし、何の道でも努力は必要だ。
 こんな僕でも、非常勤講師としての能力を十分発揮できる方法を見いだすことが出来るかもしれないではないか。そこで、欠落しているものを補うよりは、既にあるものを強化したほうが手っ取り早いし、成果が大きいと僕は考えた。
 僕にあるものはカンピュータと神懸かりだ。
 もっとも、それがあると思うのは大いなる錯覚かもしれない。が、錯覚にせよ何かしら機能していれば、それは現実となる。夢から醒めなければいいだけの話だ。

 要するに、僕の教える学生たちは、評論家になりたいわけでも、非常勤講師になりたいわけでもなく、まさにマンガ家になりたいのだから、僕のような体質になればいいわけである。つまり、マンガ家としてのカンピュータが身に備わればいいのである。ついでに、神懸かりの技を会得すれば、鬼に金棒というものだろう。ならば、僕がこれまでプロのマンガ家として日々やってきて、今なお続けているプロセスを、学生に同じように踏ませていけばいいと僕は考えた。


2004年05月19日掲載

<--Back     Next-->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部