* 週刊フォトエッセイ*

週休六日のススメ

  文・写真/福山庸治 --->Back Number


写真
---> 拡大表示










245 ガス喰い虫 〜新車購入への道(3)

 我が家には車が二台ある。
 つれあいと僕が一緒になる時に、それぞれ持ち寄った車だ。つれあいの車はなぜか典型的なオヤジ車のローレルで、しかもディーゼル・エンジンという渋さである。今年で13年目という長寿だが、バリバリの現役で、何の問題もなく彼女の毎日の通勤の足になっている。
 ところがこのローレル、ディーゼル・エンジンゆえに東京都の排ガス規制に引っかかり、次の車検を受けることが出来なくなってしまった。要するに、登録できないのだ。いくら元気に走れても、廃車にするか、他府県もしくは海外のユーザーに譲る他はなくなったのである。次の車検が来年の11月だから、それまでに次の車を物色しなくてはならない。

 さて、どの車にするか?

 僕が次に買う車は二座もしくは四座のカブリオレにしたいとずっと思ってきた。僕の普段の車の使い方は、ぜいぜいフィットネスに行ったり、スーパーへ買い物に行ったり、取材用の写真を撮りに行ったりする程度であり、一人で遠くまでドライブに行くといったことはほとんどない。なので、マーチのようなリッターカーでも全然問題ないのであるが、やはり日々の生活の中にこそ遊びの要素が欲しいので、選択としては、マーチよりは軽オープンのコペンということになる。

 しかし、オープンカーではいざという時に荷物が運べない。車というより、むしろバイクに近い、ただ走るだけの車である。そこで、つれあいには1.8メートルのものが運べる車にして欲しいのだが、つれあいはワゴンやミニバンみたいな車は好きではないらしい。出来ればセダンで、燃費の滅茶苦茶良い車が希望のようだ。事実、ローレル・ディーゼルは笑っちゃうほど燃費が良く、おまけに軽油は安いから、ランニングコストの安さに関しては、ガソリン車は足下にも及ばない。まして、ローレルの後に三代目GOLFに乗ろうものなら、まるでガソリンを道にどぼどぼこぼしながら走っているような印象さえあった。この数年、長距離ドライブには必ずローレルで走り、GOLFの出番はほとんどなくなっていたくらいだ。もちろん、少しでも交通費を安く上げたいがためである。


2004年10月20日掲載

<--Back     Next-->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部