写真
---> 拡大表示



* 週刊フォトエッセイ*

週休六日のススメ

  文・写真/福山庸治 --->Back Number 




246 悪魔のささやき 〜新車購入への道(4)

 そうやって、つれあいの次期候補車をあれこれ物色しているうちに、僕のGOLFのほうが一足先にダメになってしまった。そして、相次ぐ故障にうんざりし、直して使うよりも新車に買い換えようという気持ちに傾いた。その気持ちが傾いた時の場所がGOLFのショールームである。いま思えば、その場所が問題だった。五代目になる真っ赤なNewGOLFが陳列されている。なかなか格好いいが、しかしVWのエンブレムがなければ、トヨタとホンダを足して2で割ったようなスタイルにしか見えない。何よりデカい。むしろ僕は今まで乗ってきた三代目のスタイルのほうが、GOLFらしい無骨さやコンパクトさがあって好きである。正直言って、今度のGOLFにはほとんど魅力を感じていなかった。もっと言えば、先代(四代目)GOLFにも興味なかった。もっぱら、近年の僕の興味はプジョー307CCにあった。お目当てのカブリオレである。もちろん、高くて買えない。というより、素寒貧になってまで車にだけそんなに金を使うのは馬鹿げている、というのが実際的な感情であろうか。

 ところが、ここはGOLFのショールームである。
 悪魔のような店長も目の前にいる。
 悪魔はこう囁いた。故障したGOLFの下取り代として、今回の車検総費用分を値引きしましょうと。しかも、僕の故障GOLFは年式から言ってゼロ査定にしかならないのだが、そこを何とか本社と掛け合って……云々と。

 この際、GOLFでもいいかという気になった。


2004年10月27日掲載

<--Back     Next-->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部