写真
---> 拡大表示



* 週刊フォトエッセイ*

週休六日のススメ

  文・写真/福山庸治 --->Back Number 




249 しまった!! 〜新車購入への道(7)

 過剰ではあるが、このサイズとパワーの車が我が家に一台は必要なので、僕はGOLFを買った。これで、つれあいが仮に低燃費のコンパクトカーに買い換えても、とりあえず荷物が運べなくて困るようなことはない。もちろん、遠くへも行ける。

 だが、GOLFが納車されて三日もしないある日、何気なくインターネットを見ていたら、屋根の無いミニ・クーパーの画像が目に飛び込んできた。ミニといっても、昔のあの軽自動車より小さなミニではない。今やBMW製のけっこう大きなミニだが、それならばよく知っているし、ディーラーで展示車を何度も見ている。正直、可愛いとは思っても、それ以上の関心は無かった。というのも、たぶん屋根があるからだ。
 だが、そのミニに屋根の無いタイプが存在するのである。迂闊にも知らなかった。正式にはミニ・クーパー・コンバーチブル。それが、今度日本に輸入されることになった。値段はやはり高いが、それでもGOLFのGTとほぼ同じだ。

 買える!
 いや、買えた。GOLFを買わずに、こちらを買えば買えた。しまった、過去形である。なんということか、まさにその日から各ディーラーのショールームで発表展示されるという。瞬間、僕は頭がくらくらして、GOLFを買ったことを激しく後悔した。いや、しそうになった。が、寸前、踏みとどまった。待てよ? 僕でなくとも、つれあいがこのミニを買えばいいんじゃないの? と考えたからだ。GOLF=ファースト・カーは既にある。だったら、つれあいの次の車はまさしくセカンド・カーでいいのである。セカンド・カーとはいっても、ちゃんと4人が乗れる。つれあいが通勤に使うのにも何ら支障はない。というより、通勤に要する退屈な時間を、間違いなく楽しい素敵な時間に変えてくれるはずだ。
 今度は、僕が悪魔に変身した。

 君、ミニのコンバーチブルを見に行かない?


2004年11月17日掲載

<--Back     Next-->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部