写真
---> 拡大表示



* 週刊フォトエッセイ*

週休六日のススメ

  文・写真/福山庸治 --->Back Number 




357 アニメ監督デビュー(3)〜短編オムニバス映画『Genius Party』

 以来、アニメとは全く無縁の人生を送ってきたのだが、前述したように森本さんの所属するスタジオに遊びに行ったことがきっかけで、僕も思いがけず関係してしまうことになるのである。

 森本さんの所属するスタジオ、というより森本さんそのもののスタジオと言ってもいいと思うが、そのスタジオとは日本のアニメ界をリードするトップランナーの一角であるスタジオ4℃というアニメ制作会社だ。ジャパニメーションの産みの親ともいうべき会社で、コアなアニメファンなら知らない人はいないだろう。世界中にファンを持つようになったジブリとはまた違った方向性で、世界のアニメファンを魅了し続けている。作品としては、「アニマトリックス」*の中の数作を始め、最近作では「鉄コン筋クリート」**などがある。


 そのスタジオ4℃に到着し、社員らしい若い人に森本さんの名前を告げてそのまま待機していると、森本さんではなく社長が僕らの前に現れた。そして、いきなり「今度ウチで『Genius Party』というオムニバス・アニメを制作するんですが、福山さんにも是非参加してください」とおっしゃる。「あ? え?(どういうこと? 僕はただ森本さんと一杯やるために来たんですけど?)」という展開である。パワフルな社長は、更に畳みかけるように、「森本から福山さんがアニメをやってみたいという話をうかがってます。是非お力をお貸しください」と続く。何だかマンガで描くとウソっぽくなってしまうような展開である。「あ、いや、」と応対がしどろもどろの僕を見て、つれあいがクスクス笑っている。ちなみに社長は女性である。

「(僕なんかが参加したら、力を貸すどころか、足を思いっきり引っ張ってしまいますよ)」という返答が頭に浮かんだところへ、森本さんが近づいてきた。



*「アニマトリックス」
 製作総指揮:ジョエル・シルヴァー/2003年・アメリカ・短編オムニバス

**「鉄コン筋クリート」
監督:マイケル・アリアス/原作:松本大洋/2006年12月公開・日本


2007年02月21日掲載

<--Back     Next-->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部