写真
---> 拡大表示



* 週刊フォトエッセイ*

週休六日のススメ

  文・写真/福山庸治 --->Back Number 




381 アニメ監督デビュー(27)〜短編オムニバス映画『Genius Party』

 プロの声優さんたちの録音が終わると、今度は同じ役の同じ台詞を含め、TVから流れる音声などをFM放送で活躍中のDJさんたちに演じていただく予定になっている。メディアを持っている人々に声のキャストとして参加していただき、出来る限りこの映画のことを話題にしてもらおうというSプロデューサーのアイディアである。たとえば、恐い顔したお婆さんにインターフォンで応える若い女性の声には、J-WAVEなどのDJで人気の秀島史香さんをといった具合だ。

 東京とその周辺の人でJ-WAVEを聴く習慣がある人なら、その秀島史香さんとピストン西沢氏との名コンビによる番組「GROOVE LINE」は誰でも知っているはずだ。とりわけ、秀島さん演じる「部長」など当たり役と言える。そして、僕もつれあいも実は同番組の大ファンである。その時間帯に車を運転しているときは必ず聴いている。その僕らにとっても超人気者の秀島さんを声優としてワンポイント起用する企画をSプロデューサーから聞かされたとき、ミーハーの僕が咄嗟に思ったことは「おおお、ナマ秀島史香さんに会える!」であり、「サインを貰わねば!」であった。

 果たしてその思いは叶い、ナマ秀島史香さんに無事サインをいただいたわけだが、そもそもアフレコのキャストはどうやって選んだかというところに話を遡ろうと思う。



 ※福山さんのアニメ監督デビュー話を最初から読みたい方は →こちら 


2007年08月22日掲載

<--Back     Next-->

週休六日のススメの目次へ--->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部