* 連載フォトエッセイ*

週休六日のススメ

  文・写真/福山庸治 --->Back Number


写真
---> 拡大表示




写真
---> 拡大表示

※編集部よりお知らせ
福山さん初監督作品
『ドアチャイム』
が収録されている、
短編オムニバスアニメ映画
「Genius Party」
DVD発売中!





407 閑中忙アリ(1)〜そうだ、マンガを描こう!

 そういうわけで、僕は市長はおろか市会議員にさえなることはなかった。40年近くやってきたマンガ家でさえ、自分でもあまり向いている稼業とは思えないのだから、もしかしたら第二の人生へ大きく飛躍するチャンスだったかもしれないのに、である。しかも、マンガ稼業では到底果たすべくもない、腰のあたりがムズムズするような欲望と利権に囲まれた悪徳世界への転身を。

 だが、掴むべきチャンスの前髪は通り過ぎてしまった……

 ……というほどの話では元々ないので、ただ針小棒大に書いているだけなのだが、しかし、目が笑っていない出入り業者を前に「おぬしも悪よのぉ、むーっふっふっふっ」と、人生一度くらいは下品に笑ってみたかったような気がしないでもない。

 さて、市会議員にならなかったせいというわけではないが、ここのところ仕事が減ってすっかりヒマになった。この駄絵駄写真付き駄文を書き始めた9年前はまさしく「週休六日」の生活だったため、即座にこのタイトルを思いついたのだが、その後なにやら忙しくなり一時はほとんど休む間もないくらいで、「週休六日のススメ」とはほとんど名ばかりの偽善的、いや偽悪的なタイトルになってしまっていた。

 だが、昨年途中から再び名実ともに「週休六日」状態に戻ってしまった。タイトルからすれば、無事に戻ってめでたしめでたしというところであるが、本人としてはちっともめでたくなんかない。マンガ家ならば最も忌避しなきゃならないビンボー閑だらけ状態なのであるから。こんなことなら、やっぱり生まれ故郷の1200票をいただいておけばよかったかと、まだしつこく言ってみたりするのだが、まあヒマならヒマでやることは山のようにある。

 そうだ、マンガを描こう!


2008年08月06日掲載

<--Back     Next-->

週休六日のススメの目次へ--->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部