* 連載フォトエッセイ*

週休六日のススメ

  文・写真/福山庸治 --->Back Number


写真
---> 拡大表示




写真
---> 拡大表示

※編集部よりお知らせ
福山さん初監督作品
『ドアチャイム』
が収録されている
短編オムニバスアニメ映画
「Genius Party」
DVD発売中!





409 閑中忙アリ(3)〜そうだ、アニメを作ろう!#2

 ショート・アニメを作るといっても、考えてみれば、何を使い、どういう段取りで作っていいのかあまりよくわからない。(おいおい、お前はプロのアニメ監督じゃなかったのか?) いや、一瞬そういう肩書きをいただいたような気はするが、技術的なことはスタッフ任せのことが多かったので、たとえば、まずどういうソフトを使うのかがわからないのである。仮にわかったとしても、そのソフトが業務用の高価なものだったりすれば、おいそれと買えるものではない。まして、たかがお遊び用ならば尚のことである。

 そこで、入門用のアニメソフトはないものかと、市販ソフト、フリーソフト区別なくネットの中を探しまくったのだが、これといったものが一つも見つからない。Mac用だと更に乏しい。これだけ巷にアニメが氾濫していても、制作ソフトのほうは案外需要が少ないのだろうか。

 もっとも、この連載の画像にも使っているGIFアニメであれば、Photoshopなどで比較的簡単に作れる。但し、これだと音声を組み込むことが出来ない。僕が作ってみたいのは、音が絵の動きにシンクロしているアニメなのだ。そして、その音を自分で作ったり、街や通りで拾い集めたりしてみたいのである。

 僕はどこへ出かけるにも裏蓋が壊れかけたコンパクト・デジタルカメラを欠かさず持ち歩いている。ちょっとでも気になる風景があれば、即座に被写体となる。そうした習慣がこの連載の画像の一部にも反映している。僕にはプロカメラマンのような機材も技術も知識もないが、マンガ家としての目ならば持っている。その目で、ありふれた風景の中に意外な美しさを見つけ出す作業は愉しい。それと同じようなことを録音機でもやってみたら愉しいのではないかと考えたのだ。


※福山さんのアニメ監督デビュー話(全36回)を読みたい方は →こちら 



2008年09月03日掲載

<--Back     Next-->

週休六日のススメの目次へ--->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部