* 週刊フォトエッセイ*

下野康史の出物・ハレMONO

  文/下野康史(かばた・やすし) --->Back Number  写真/河野朝子


写真
---> 拡大表示










第2回 『こんなペットと暮らしてみたい #8』

 娘がまだ幼児だったころ、東京でかなり大きな地震があった。家に帰ると、玄関まで迎えに来て、そのまま僕の手をとって、居間へ連れてゆき、テレビの前の床を一生懸命指さして「ここ、ガタガタってしたの」と言った。彼女的には、自分のいた床がガタガタした、それがまさに初体験の地震だったのだ。
 同じころだったか、夏で浮き輪が家の中にあった。娘が浮き輪と遊びながら、「モグモグしてる」と何度か言った。なんのことだろう、モグモグって、と思い、浮き輪とじゃれ合う娘のそばに寄ってみると、わかった。ビニールに静電気が起きていたのである。それがほっぺたをサワサワさせる感じを、娘はそう言い表していたのである。その言語感覚のすばらしさに、僕はもうこいつに負けたと思ったけど。


2002年02月27日掲載

<--Back     Next-->



Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部