写真
---> 拡大表示

竿の糸巻きの部分

(写真&キャプション:河野朝子)


* 週刊フォトエッセイ*

下野康史の出物・ハレMONO

  文/下野康史(かばた・やすし) --->Back Number 




第8回 『チェロ弾きの二胡入門 #10』

 武先生が話してくれた二胡の歴史がおもしろかった。起源は唐の昔に遡るが、大道芸で使われることが多く、芸術的なステイタスが上がったのは、ごく最近のことだという。そのせいもあって、二胡の世界にストラディバリウスやガルネリウスのような、いわゆる“名器”は存在しない。中国の人は、二胡をバイオリンの先祖と位置づけているのに、ちょっと残念なことである。

●取材協力:優文社


2003年09月10日掲載

<--Back     Next-->



Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部