写真
---> 拡大表示



* 週刊フォトエッセイ*

下野康史の出物・ハレMONO

  文/下野康史(かばた・やすし) --->Back Number  写真/中山慶太 




第9回 『人間スピードメーターを試してみた #8』

“スピード&ディスタンス”は、まさにそんな用途で使えるリストウォッチだ。待ちに待った僕にとっては、夢の新製品だが、要は携帯GPSである。カーナビからナビゲーション機能を取り払って、スピードと距離の計算に特化したもの、といってもいい。
 腕に時計をはめ、上腕部にGPSのレシーバーを巻く。お腹のベルトに付けることもできる。そして、スイッチを入れて計測が始まると、腕時計の表示部に、スピード、移動距離、平均速度、最高速など出る。
 スピードは0.1km/h、距離は1m単位まで表示される。大股で一歩踏み出すと、距離計のコンマ3ケタの数字がひとつ上がるのだから、なんだかうれしい。最低速度は何キロまで計測可能なのか、ポチコの散歩のとき、いろんな歩き方をしてみると、0.4km/hが下限だった。時速400mということは、大人のミドリガメだって使えるかもしれない。


●TIMEXオフィシャルサイト


2003年11月26日掲載

<--Back     Next-->



Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部