* 週刊フォトエッセイ*

下野康史の出物・ハレMONO

  文/下野康史(かばた・やすし) --->Back Number  写真/中山慶太


写真
---> 拡大表示










第12回 『タンデム日和 #6』

 タンデム車とはどうなっているのか。とりわけ、ペダリングの仕掛けは、知らないと興味をひかれる。
 後輪を駆動するチェーンは、後席ライダーのチェーンリングにかかっている。変速機や駆動系は自転車の右サイドに付いている。その部分だけ見ると、一般車と同じである。
 しかし、タンデムはフレームの左サイドにもチェーンリングとチェーンが備わる。前席ライダーの駆動力を後ろに伝え、さらに前後のクランクを同調させる、タンデム車のいわば要である。
 後輪ハブにフリー機構は付いているから、走行中でもペダルを休めたり、シャラシャラシャラと逆転させたりすることはできるが、それを前後で手前勝手にやることはできない。片方のライダーがこぐのをやめたら、足をペダルから離さない限り、お荷物になる。


2004年08月11日掲載

<--Back     Next-->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部