写真
---> 拡大表示



* 週刊フォトエッセイ*

下野康史の出物・ハレMONO

  文/下野康史(かばた・やすし) --->Back Number  写真/中山慶太 




第12回 『タンデム日和 #10』

 ストーカーも経験してみたが、はっきり言って、僕は御免である。前述したとおり、前が見えない。固定のハンドルバーを握って、ひたすらこぐっきゃないの世界だ。自転車に乗って、前がよく見えないというのは、そうとうなフラストレーションであることがよくわかった。見えないので、ついつい上体を斜めにして、首を伸ばしてしまう。自転車がフラつきやすかったのはそのせいだったかもしれません、と中山さんがあとで分析した。なるほどと思った。







2004年09月15日掲載

<--Back     Next-->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部