写真
---> 拡大表示

(C) yasushi KABATA


* 週刊フォトエッセイ*

下野康史の出物・ハレMONO

  文・写真/下野康史(かばた・やすし) --->Back Number 




第14回 『鉄ちゃんの想い出写真 #5』

「米坂線 手ノ子 1971年3月」

 春まだ浅き3月、豪雪地帯を行く米坂線へ行った。9600形、通称“キューロク”と呼ばれた大正生まれの機関車が頑張っていた。靴に“かんじき”をつけて見晴らしのいい山に登り、頂上で家から持参のフランスパンに缶詰のレバーペーストを塗り、空腹を癒した。そこで何本かの列車を撮っていたら、背後で突然“ウォー”という音がした。熊だあ! と思って、振り向きもせずに逃げ出したのがこのときである。本当に熊だったのかどうかわからないけど、最近のニュースを聞くと、ぜんぜん不思議じゃなかったわけだ。





2005年02月02日掲載

<--Back     Next-->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部