写真
---> 拡大表示

※写真;中山慶太


* 週刊フォトエッセイ*

下野康史の出物・ハレMONO

  文/下野康史(かばた・やすし) --->Back Number 




第15回 『クルマの匂いにはちょっとウルサイ #12』

 カーショップで売っていたドイツ製の消臭メタルも試した。触媒作用でニオイ分子を分解するという、直径5センチほどの金属である。4200円もするのだが、騙されたつもりでしばらく使ってみると、完全に騙された。
 かくして、頑固な純正車内臭の前には、いまのところどれもみな為す術がない。雲古や醤油ダレのような、有機的なニオイならまだしも、クルマ自体がもっている車内臭を取るのは、経年変化以外にないのかもしれない。だったら、もう少し鼻も利かせてクルマをつくってくれよと、ぼくは言いたい。





2005年06月29日掲載

<--Back     Next-->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部