写真
---> 拡大表示

※写真・中山慶太


* 週刊フォトエッセイ*

下野康史の出物・ハレMONO

  文/下野康史(かばた・やすし) --->Back Number 




第16回 『我が家に新しい犬がやってきた #3』

 さびしいので、また飼うことにした。と、いまでこそ過去完了で言えるけど、家族の了解を得るのはなかなか大変だった。死んですぐなのに、という意見はわかるが、しかしぼくに言わせれば、死んですぐだからこそ、である。
『柴犬の飼い方』というムックを買ってきて、みんなの目に触れるところで読んだりした。食事のとき、犬が出るコマーシャルやドラマが流れると、「あー、かわいいなあ!」と大げさに言いふらしたりした。犬の散歩がないと、体重が増えて不健康になっちゃうなあ、などとも主張した。人も犬も、どう死んだかではなくて、どう生きたかが大事なのであって、「喪に服す」という考え方は嫌いである、というようなまじめな話もぶった。




2005年07月20日掲載

<--Back     Next-->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部