写真
---> 拡大表示

※写真;中山慶太


* 週刊フォトエッセイ*

下野康史の出物・ハレMONO

  文/下野康史(かばた・やすし) --->Back Number 




第17回 『The thing to change my life #11』

 ジャズのスタンダードに“What a difference a day made”という曲がある。「たった1日24時間で、なんで世界がこう変わったんだろう……、君のおかげで」というすごくカッコいいラブソングだ。
 あるとき、iTunesミュージックストアの検索で、曲名に“difference”と入れて探してみた。すぐにいろんなアーティストのバージョンが出てきた。次々と試聴していくと、そのなかにめちゃめちゃカッコいい男のボーカリストがいた。ジャミー・クラムという若いジャズ・ボーカリストを知ったのはそれが初めてだった。彼の“What a difference〜”は、いまじゃ愛聴トラックのひとつである。こんな楽しみ方も音楽配信サービスならではだ。
 そうやってiTunesにためた曲を持ち歩けるのがiPodである。使い始めて2カ月、いまパソコンを見たら、ライブラリーには232曲、16.7時間分入っていた。これだってまだ4分の1も使っていないのである。



※iPod・iTunesは、米国および他の国々で登録されたApple Computer, Inc.の商標です。


2005年12月21日掲載

<--Back     Next-->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部