写真
---> 拡大表示

写真/中山慶太


* 週刊フォトエッセイ*

下野康史の出物・ハレMONO

  文/下野康史(かばた・やすし) --->Back Number 




第19回 『僕とアナログレコードの日々 #6』

●「アンデッド」 テン・イヤーズ・アフター

 67年に結成されたイギリスのロックバンド。70年代に入って、日本にもやってきた。ギター好きだったぼくは、早弾きで売るアルヴィン・リーが好きで、このライブ盤を聴いたときには驚喜した。なぜか4ビートのジャズナンバーを弾きまくっている。こういうのもできるんだぜということなのか、鼻もちならないといえばそうなんだけど、どうもそういう人のようだった。東京公演でだれかがトイレットペーパーをテープ代わりに投げ込み、怒って楽屋に引っ込んでしまった。
 ジャケット裏の日本語によるメンバー紹介に、「趣味:写真」とか「髪の色:金髪」とか「瞳の色:緑」とか書いてあっておかしい。バンド名どおり、結成10年後くらいには解散し、その後、アルヴィン・リーだけソロでやっていた。



2006年05月17日掲載

<--Back     Next-->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部