写真
---> 拡大表示

「117クーペはこの十年くらい前に初めて乗りました。それは生産末期のモデルだったけど、凄く良いクルマだと思った。初期型はもっと手作り感があったらしいね。ハンドルをテニスのラケットメーカーに発注したって? 中山さん、オタクだなぁ(笑)」
(文・写真:中山慶太)


* 週刊フォトエッセイ*

下野康史の出物・ハレMONO

  文/下野康史(かばた・やすし) --->Back Number 




第20回 『ミニミニ大作戦 #2』

 近所の本屋で『国産名車コレクション』というのを見つけて、買ってみた。百科事典サイズの大きなパッケージに、ミニカー1台と、薄い冊子がセットになっている。書店で売っているのだから、出版物には違いないのだろうが、パッケージが分厚いのは、もっぱらケース入りミニカーの横幅に合わせたためである。
 なんとこれが隔週刊で、雑誌名(?)どおり、1960〜70年代の日本車のミニカーが次々に登場することになっている。いわば書店ルートで売られる解説書付きミニカー・シリーズというわけだ。


§出物・ハレMONO 読者プレゼント§


日頃のご愛読に感謝して、下野康史さんの文庫本新刊「図説 絶版自動車〜昭和の名車46台、イッキ乗り!」をサイン入りで読者3名様に差し上げます。(提供:講談社)
この連載の感想を添えて、応募はこちらから。(締切:2006年7月17日)


2006年07月12日掲載

<--Back     Next-->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部