写真
---> 拡大表示

スカイラインGT-Rの思い出話を聴きそびれました。続きは下野さんの新しい単行本「図説 絶版自動車〜昭和の名車46台、イッキ乗り!」(講談社文庫・刊)で読みましょう。
(文・写真:中山慶太)


* 週刊フォトエッセイ*

下野康史の出物・ハレMONO

  文/下野康史(かばた・やすし) --->Back Number 




第20回 『ミニミニ大作戦 #8』

 ぼくが買ったのは、創刊2号目の「日産スカイラインGT-R」と、6号の「いすゞ117クーペ」である。117クーペは、あれっ、こんなにボンネットが真っ平らで長かったっけ!? と首をひねったが、スカイラインGT-Rハードトップのほうはよくできている。10代で免許をとって、初めて所有したクルマが、“ハコスカ”と呼ばれたこの世代のスカイラインGTハードトップだったから、グレードはぜんぜん違うが、これにて“マイカー・コレクション”の2台目ということにしておこう。








2006年08月30日掲載

<--Back     Next-->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部