写真
---> 拡大表示

写真/中山慶太


* 週刊フォトエッセイ*

下野康史の出物・ハレMONO

  文/下野康史(かばた・やすし) --->Back Number 




第21回 『僕と愛犬ハナの日々 #6』

 散歩でいつもの公園に着くと、まずお座りをさせる。座ったら、「ヨシ」と声をかけてリールのロックを解除する。その途端、犬なのに脱兎の如く駆けだして、5メートル走ったところで、グェッとギロチン状態になる。いいかげん学習しろよと思うが、いっこうに懲りない。
 引き綱が伸びきった瞬間、一度、肩を脱臼しかけたことがある。靱帯を傷めて、医者に行きかけた。それ以来、綱の先端に、バンジージャンプ用のロープを使用しましたという短い伸縮リードを繋げて使っている。伸びきったときのショックアブソーバーになるこれは、お薦めである。
 しかし、ちゃんと散歩ができないと、ぼく以外の家族が連れ出すときに困る。どうしたら引き癖が直せるものか。生後半年くらいから、いろいろやってみた。


2006年10月11日掲載

<--Back     Next-->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部