写真
---> 拡大表示

写真/中山慶太


* 週刊フォトエッセイ*

下野康史の出物・ハレMONO

  文/下野康史(かばた・やすし) --->Back Number 




第21回 『僕と愛犬ハナの日々 #8』

 胴輪式の躾用リードというのも試した。引っ張ると、首輪部分に下向きの力がかかるようになっている。これは効いた。痛いのではなく、ものすごく違和感があるらしい。初めて装着したときには、歩き始めてすぐ立ち止まった。促しても、ほとんどヨチヨチ歩きである。かわいそうなので、すぐ外した。
 そんな格闘をしているうちに思い至った。ドッグトレーナーじゃあるまいし、犬の躾なんて、やりたかないなと。いいじゃねーか、犬なんだから、と思うようにもなった。半分、あきらめからくる開き直りである。
 でも実際、「ダメ!」を繰り返しながら散歩していると、こっちの心がすさんでくるのである。なんのために散歩させているのか、ひいては、なんのために犬を飼っているのか、わからなくなってくる。


2006年10月25日掲載

<--Back     Next-->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部