写真
---> 拡大表示

※写真;中山慶太


* 週刊フォトエッセイ*

下野康史の出物・ハレMONO

  文/下野康史(かばた・やすし) --->Back Number 




第22回 『人間エンジン、固定ギア #5』

 固定ギアは、当然、変速機がない。シングルギアである。そのため、競技用自転車の場合、トップスピードに合わせたクソ重いギアが付いている。しかし、それではとても町乗りに使えない。ぼくの場合、そもそも競輪選手のような“鬼アシ”があろうはずもないから、ちょっとした峠なら上れるくらいの、うんと軽いギアを付けた。
 そうすると、平坦なサイクリングロードなどでは、足がかなりの高速回転をすることになる。しかも、一瞬だってペダリングを休めないのが固定ギアである。細くて堅いロードレーサー用サドルの上で、股間の鬱血も解消する暇がない。



2007年02月07日掲載

<--Back     Next-->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部