写真
---> 拡大表示

※写真:中山慶太


* 週刊フォトエッセイ*

下野康史の出物・ハレMONO

  文/下野康史(かばた・やすし) --->Back Number 




第24回 『長距離ランナーの悦楽 #3』

 マラソンといっても、多摩ロードレースは10kmである。42.195kmのフルマラソンじゃ、とてもぼくは走れない。過去に何度かハーフ・マラソンには出たことがあるが、ゴールでは息も絶え絶えで、これが限度だと思った。フルマラソンを最後までちゃんと走れる(完走歩じゃなく)人を、ぼくは心の底から尊敬する。
 37歳のとき、スポーツ自転車に乗り始め、40歳で初めて東京〜糸魚川ファストランに出た。ランニングを始めたのは、そのすぐあとだった。自転車で300km近く走れたオレサマあたり、ランだとどれくらいイケるものなのか。とりあえず、30kmくらいだろうか。





2007年07月18日掲載

<--Back     Next-->





Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部