写真
---> 拡大表示

著者近影(2)
※写真・中山慶太


* 連載フォトエッセイ*

下野康史の出物・ハレMONO

  文/下野康史(かばた・やすし) --->Back Number 




第25回 『電気仕掛けのモビリティ #2』

 先日、最新モデルを借りて、街なかを中心に約110km走った。ハイブリッドカーは制動時にバッテリーを充電する。つまりエネルギーを回収する(回生ブレーキと呼ぶ)ため、アクセル踏みっぱなしの高速走行よりも、ストップ&ゴーの多い市街地でのほうが燃費はよくなる。満タン時に10個あるデジタル燃費計のコマは、110kmくらいだと1個も減らない。給油したら5.55リッターしか入らなかった。1リッターあたりほぼ20km走ったことになる。都心の一等地にあるガソリンスタンドだったので、レギュラーでも158円/リッターしたが、それだって、しめて877円で済んだ。まるで原付小僧の給油である。






2007年10月17日掲載

<--Back     Next-->

下野康史の出物・ハレMONOの目次へ--->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部