* 週刊フォトエッセイ*

ローテク・フォトレッスン
「撮れルンです!」


  文・写真/河野朝子 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

暗いところじゃ脇を固めて


写真
---> 拡大表示

フラッシュで大解決

●写真やカメラについて今さら人に訊けないこと、わかんないがあったらガシガシおたずねください!投稿はPOSTERIからよろしく!質問待ってます!





■14■ 手ブレ防止の基本 

 カメラがフラッシュをたく気にならないくらい(フラッシュが必要と判断しないくらい)明るいところで撮ってるのに手ブレ写真になっちゃう場合はハッキリ言って撮り方が悪い。小さいカメラは便利な分シャッターを切るときに動きやすいので、脇を締めて両手でカメラをしっかり握り、カメラをおでこに密着させ、シャッターを切る指だけを動かしてなるべくカメラを動かさないようにして撮らないと、そりゃーブレるだろうってもんなのだ。それでも手ブレがちな人はこりゃもう三脚とか一脚(注1)を使うっきゃございません。
 そうだよ、そういえば、デジカメやコンパクトカメラにはフラッシュってもんがたいがいついてるじゃん。そんで、「ここは暗い」とカメラが判断した場合は普通なら勝手に発光してくれるではないか。絶対に手ブレ写真にしたくない場合はとりあえずフラッシュを使おう(注2)
 ところでそのフラッシュなのだが、例えば美術館の中とか使用が禁止されている場所があるので、自分の持ってるカメラのフラッシュの切り方はきちんと覚えておいた方がいい。

※注1:文字通り足が一本の写真撮影お助けグッズ。三脚みたいに立てたまま置いておくことはできないけれど、三脚よりコンパクトなので愛用者は多い。
※注2:フラッシュ光の届く範囲という物があるので注意が必要。

●モデル/中川翔子

●このコーナーでイマイチわからない言葉があったらやさしい写真の用語をご覧ください。やさしく詳しく解説されてます。
●このコーナーを第1回から読みたい方はこちらから

※掲載した写真は特に注釈がない限り説明用に一眼レフカメラで撮影されています。


2002年01月16日掲載

<--Back     Next-->



Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部