写真
---> 拡大表示

ブレたって楽しい写真

●写真やカメラについて今さら人に訊けないこと、わかんないがあったらガシガシおたずねください!投稿はPOSTERIからよろしく!質問待ってます!


* 週刊フォトエッセイ*

ローテク・フォトレッスン
「撮れルンです!」


  文・写真/河野朝子 --->Back Number 




■15■ フラッシュが恥ずかしい場面

 昔、某アイドル映画を上映していた映画館の中で、フラッシュばっしんばっしんにたきまくってスクリーンを撮っていた女の子達がいたんで注意したことがあるけれど、賢明な読者ならその行為がいかに無駄かが理解できるでありましょう。もちろん映画を見ている他の客に迷惑ってのもあるけど、それ、撮れてないよ。恥ずかしいからやめようね、っていい歳こいてそんな映画わざわざ見に行った私もかなり恥ずかしいけど。
 あとスポーツ観戦に行くと、ナイターのスタジアムや体育館内の客席がキラキラ光る(フラッシュがたかれる)ことがあるが、アレもなんの意味もないばかりか選手のプレイの妨げにもなるのでやめるべき行為のひとつだ。外野からピッチャーマウンドくらい離れてなくても、フラッシュの光が届く範囲には限りがある。デジカメやコンパクトカメラなら遠くても10メートルも届かないのが普通で、ピッチャーがキャッチャー撮るんだって無理がある距離なんだな。
 スポーツ中継なんか見てるとカメラマン席のレンズは巨大ですごく重そう、っつーかマジ重いんです、あれ。明るく感じるスタジアムでもあんくらいの装備じゃないと撮れないもんをちっこいカメラで無理して狙うのはかなり不毛かもしんない。

●モデル/中川翔子

●このコーナーでイマイチわからない言葉があったらやさしい写真の用語をご覧ください。やさしく詳しく解説されてます。
●このコーナーを第1回から読みたい方はこちらから

※掲載した写真は特に注釈がない限り説明用に一眼レフカメラで撮影されています。


2002年01月23日掲載

<--Back     Next-->



Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部