* 週刊フォトエッセイ*

ローテク・フォトレッスン
「撮れルンです!」


  文・写真/河野朝子 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

わざとボケ写真


写真
---> 拡大表示

わざとブレ写真

●写真やカメラについて今さら人に訊けないこと、わかんないがあったらガシガシおたずねください!投稿はPOSTERIからよろしく!質問待ってます!





■18■ わざとボケる、わざとブレる

 さて、ところで蜷川実花さんがときどき撮ってるようなちょっと(または大幅に)ブレてたりボケてたりする写真はどうやったらできるのだろう。
 実花さんは「アタシの真似した写真を見せに来る子がいるけど、なんか違うのよね」っておっしゃってるみたいなのだが、シロウトが自分で実花さんゴッコを楽しむのはどうにか許してもらおう。とは言っても実花さんみたいにキュートな写真をわざと撮れるようになるためには経験とテクニックと、なによりセンスがとっても重要になってくる。でもやっぱしちょっと真似してみたいよね。
 で、わざとボケたりブレたりするにはどうしたらいいかってぇと、要するにボケブレ防止策と逆のことをすればよいのである。
 被写体からすごく遠いところに合わせてシャッターを半押しにしてから撮るとか、ピントが合わないくらい近くに寄って撮ればボケ写真になる可能性は高いだろう。また、暗めのところでフラッシュを切って撮ったり、フィルムカメラの場合は感度の低いフィルムを使ったりして、挙げ句の果てにカメラを動かしながらシャッターを切れば思いっきりブレ写真になるはずだ(こんな遊び方もあるよ)。
 いずれにせよ思い通りの写真を撮るにはかなりの練習が必要だ。ゲージュツの域に達するまでいろいろやってみてね。

●モデル/中川翔子

●このコーナーでイマイチわからない言葉があったらやさしい写真の用語をご覧ください。やさしく詳しく解説されてます。

●このコーナーを第1回から読みたい方はこちらから

※掲載した写真は特に注釈がない限り説明用に一眼レフカメラで撮影されています。


2002年02月13日掲載

<--Back     Next-->



Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部