* 週刊フォトエッセイ*

ローテク・フォトレッスン
「撮れルンです!」


  文・写真/河野朝子 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

可愛いでしょ?


写真
---> 拡大表示

中はこんな


写真
---> 拡大表示

鏡も付いててチョー便利

●写真やカメラについて今さら人に訊けないこと、わかんないがあったらガシガシおたずねください!投稿はPOSTERIからよろしく!質問待ってます!

■19■ カメラを何に入れようか

 ところでモノにこだわる私の悩みの種は、撮影のときにカメラを入れていくカメラケースに可愛いのがないことだった。カメラ屋さんで売ってるようなのは実用的で堅牢で非常に優れているのはわかるんだけど、前にも旅行用のカメラバッグをオーダーでこさえてもらったことがあるってくらいで、いくらアタクシがオバサンたってあんましシュミじゃない物を持ちたくはないんである。
 そんな私がある日見つけた物はディスカウントショップで1980円くらいで売ってた化粧ケースだった。あぁ、この形!この大きさ!うーん、アレに似てる!しかし、これをそのままカメラケースにするには内張が固くて危険だし、ストラップも付けられないので持ち運びに不便である。そこでネットで発見したパルスという会社にストラップ引っかけ用の金具が付けられないかどうか相談してみたたところ、「できる」という返事を頂戴したので早速化粧ケースを送って金具を取り付けてもらった。ボコボコのベニヤかなんかの安物なのにありがたいことである。
 そして大きな楽器屋さんに出向き、両端が金具になっているストラップを購入(東急ハンズみたいなところでも売ってるそうです)。
 仕上げの内装はちゃんとカメラ屋さんで溝付きの中仕切り(注)とかクッションを買ってきて、自分でチョキチョキ切って貼り付けてできあがりである(この作業は金具を付けてからやること)。
 デジカメやコンパクトカメラひとつだけを持ち歩いている人にはあんまり必要ないかもしれないけれど、フィルムいっぱいに電池にスマメ(スマートメディア)にあーん!バッグに入んなぁい!なんてことになったらぜひ試していただきたい。本気で重たい一眼レフなんぞを詰めて歩くには余り向いてないです(笑)。頑丈な高級ブランドもんの化粧ケースを改造する勇気のある方は自己責任でどうぞ(逃)。

※注:近所に大きなカメラ屋さんがない場合でも、某量販カメラ屋さんの通販サイトで『ウレタン溝付』で検索かけると出てくる。中仕切は『中仕切』で検索できるよ。

●モデル/中川翔子

●このコーナーでイマイチわからない言葉があったらやさしい写真の用語をご覧ください。やさしく詳しく解説されてます。

●このコーナーを第1回から読みたい方はこちらから

※掲載した写真は特に注釈がない限り説明用に一眼レフカメラで撮影されています。


2002年02月20日掲載

<--Back     Next-->



Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部