写真
---> 拡大表示

スローシンクロで撮ろう

●写真やカメラについて今さら人に訊けないこと、わかんないがあったらガシガシおたずねください!投稿はPOSTERIからよろしく!質問待ってます!


* 週刊フォトエッセイ*

ローテク・フォトレッスン
「撮れルンです!」


  文・写真/河野朝子 --->Back Number 




■22■ 夜景でフラッシュ(3)

 シャッタースピードが遅いんだからフツーのフラッシュのモードよりも光がいっぱい取り込める、ってことは人物の背景で夜を彩るいろんな明かりもよりたくさん写っちゃうってことである。ちょっとした夜のスナップでも街ゆくクルマのテールランプさえカッコよく撮れたりするし、使わない手はない。
 但し、シャッタースピードが遅くなると言うことは常に手ブレの危険性もはらんでいる、と言う意味でもある。フラッシュはシャッターが開いている間の一瞬にしか発光しないので、手ブレや被写体ブレ「さえ」起きていなければフラッシュが直接当たる被写体がブレて写ることはまずない。だけど、油断していると背景の巨大観覧車が丸なんだか四角なんだかわからない、なんてことは起こりうるのだ。スローシンクロとは基本的に三脚の仕様が推奨されているモードだってことを忘れちゃならんわけ。

●モデル/中川翔子

●このコーナーでイマイチわからない言葉があったらやさしい写真の用語をご覧ください。やさしく詳しく解説されてます。

●このコーナーを第1回から読みたい方はこちらから

※掲載した写真は特に注釈がない限り説明用に一眼レフカメラで撮影されています。


2002年03月13日掲載

<--Back     Next-->



Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部