* 週刊フォトエッセイ*

ローテク・フォトレッスン
「撮れルンです!」


  文・写真/河野朝子 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

夕方のスローシンクわざとブレも有効(撮影 by デジカメ)

●写真やカメラについて今さら人に訊けないこと、わかんないがあったらガシガシおたずねください!投稿はPOSTERIからよろしく!質問待ってます!









■26■ フラッシュ注意点(2)

 それと指でフラッシュを塞いじゃうことに対しても注意が必要だ。ヘンなところがヘンに暗い写真になったりするからね。あと、もちろんレンズの前に指があれば真っ白い物体(指)が大いばりな写真になったりもする。ファインダーを覗いてても気が付かないことが多いのであとで「なんだこりゃー!」ってことになる。ストラップだって怖いぞ。これは私がしょっちゅうやらかすことなので自戒を込めて申しあげたい。
 最近のフラッシュには賢いのもあって、被写体にフラッシュが当たったときの明るさをセンサーがキャッチして光の量を調節してくれる機能が付いていることもある。これなら被写体から近めのところでフラッシュたいてもお化けにならなかったりするのだが、その機能とてフラッシュの前に指がかかったりしたら台無しなのである(ホントによくやるんだよー)。
 カメラが「フラッシュが当たった指の光り具合」で明るさを判断してしまうため、カメラから至近にある指は不必要に明るく写ってるのに、結局写したかった物が真っ暗になってしまう、なんてこともある。こりゃ相当悲惨なんだわ。
 フラッシュたいたのに!指も写ってないのに!真っ暗だぁ!ってときはプリントされた写真の外側に実は指とかストラップがあったりする。APSの場合、写真のサイズがいろいろあって気が付かないこともあるので特に気を付けたいのだ。

●モデル/中川翔子

◆緊急!◆
中川翔子さんは講談社の「ミスマガジン2002」にエントリーしています。 みんなで応援しよう!

●このコーナーでイマイチわからない言葉があったらやさしい写真の用語をご覧ください。やさしく詳しく解説されてます。

●このコーナーを第1回から読みたい方はこちらから

※掲載した写真は特に注釈がない限り説明用に一眼レフカメラで撮影されています。


2002年04月10日掲載

<--Back     Next-->



Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部