* 週刊フォトエッセイ*

ローテク・フォトレッスン
「撮れルンです!」


  文・写真/河野朝子 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

まぶしくてもきれいな人はきれい

●写真やカメラについて今さら人に訊けないこと、わかんないがあったらガシガシおたずねください!投稿はPOSTERIからよろしく!質問待ってます!









■28■ 逆光の反対は順光なのだが

 そういえば女の子の写真を撮って「えー、アタシこんな顔してるー?」みたいにあとで非難されがちな写真のひとつに『順光』写真てのがある。逆光になると顔が暗く写るし、背景が光に溢れてたり青空*だったりした方が写真としてきれいだから、太陽に顔面を向けてもらって女の子(イヤ、野郎でもいいんだが)を撮ろうとすると、その写真は自ずと「まぶしい!」写真になることが多いのだ。
 日本の女の子ってのはなぜか限りなく大きな目をして写真に写りたがることが多い動物で、カメラを向けた途端、そこにいる女子ほぼ全員がカッと目を見開くこともある。ハッキリ言って怖いぞ。
 そんなに目が小さく見えることを恐れなくったっていいじゃんか、と思うのだけれど、特に順光写真の場合は眉間にシワの寄ったイヤそうな表情になってしまうことも多々あるのだ。うーん、確かに夏木陽介とか高倉健みたいに苦み走った女の子ってのもちょっとねぇ。

※注)晴れた日の空ってのは太陽と反対側にある空がいっちゃん青いもんなのである。

●モデル/中川翔子

◆緊急!◆
中川翔子さんは講談社の「ミスマガジン2002」にエントリーしています。 みんなで応援しよう!

●このコーナーでイマイチわからない言葉があったらやさしい写真の用語をご覧ください。やさしく詳しく解説されてます。

●このコーナーを第1回から読みたい方はこちらから

※掲載した写真は特に注釈がない限り説明用に一眼レフカメラで撮影されています。


2002年04月24日掲載

<--Back     Next-->



Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部