* 週刊フォトエッセイ*

ローテク・フォトレッスン
「撮れルンです!」


  文・写真/河野朝子 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

一発解決

●写真やカメラについて今さら人に訊けないこと、わかんないがあったらガシガシおたずねください!投稿はPOSTERIからよろしく!質問待ってます!









■29■ 逆光もフラッシュ

 てなワケで、顔面ダイレクト光でまぶしい表情の写真を避けたい、って場合以外にも、観光名所などでどうしても背景に入れたい物が太陽側にあったり、表が明るい室内の窓際で撮りたかったり、避けようのない逆光なシーンはいくらでもある。または、好んで逆光にしたい場合だってあるだろう。
 こういうときはもうとにかくフラッシュたいちゃうことをお勧めしたい。フラッシュをたけば暗くなるはずの顔面にもこっちから光が当たり、たいがい解決できるのだ。
 ただし、こういうときはカメラが「この状況ではフラッシュはいらないな」と判断することが多く、ただシャッターを押しただけではフラッシュは勝手には光ってくれない。こういうときはフラッシュを『強制発光』させなくてはならないのである。
『強制発光』ってなんか名前怖いんですけど、とにかくカメラが「今は明るいからフラッシュいらない」と思ってそうなときでも「いいからフラッシュたけ!」とフラッシュを強制的にたかせるモードである。「ボクはカメラくんと仲良しだからとてもそんなことは言えないヨ!」と言うあなたは「フラッシュたいてくれぇ」とお願いしてでもたいてもらおう。
 フラッシュが付いているカメラにはほとんどこのモードがついているので取扱説明書をちゃんと見てどうやるのか覚えておこうね。

●モデル/中川翔子

●このコーナーでイマイチわからない言葉があったらやさしい写真の用語をご覧ください。やさしく詳しく解説されてます。

●このコーナーを第1回から読みたい方はこちらから

※掲載した写真は特に注釈がない限り説明用に一眼レフカメラで撮影されています。


2002年05月01日掲載

<--Back     Next-->



Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部