* 週刊フォトエッセイ*

ローテク・フォトレッスン
「撮れルンです!」


  文・写真/河野朝子 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

みんなが振り向く撮影ざます


●写真やカメラについて今さら人に訊けないこと、わかんないことがあったらガシガシおたずねください!
投稿はPOSTERIからよろしく!質問待ってます!









■35■ あの板はそういうもんだったんかい

 ところで、街角でロケ撮影なんかしてるのを見ると、モデルさんなど撮られてる人のまわりにでっかい板持った人達がいること多いよね。写真の撮影だけじゃなく、映画やテレビなどの動画の撮影でも板持った人達がいるよね。
 あれはなにをしているのかというと、逆光だったり太陽の位置が高かったりするときに、顔が暗くなったり顔に影が出すぎたりするのを避けるために被写体に光を当てているのだ(瞳の中にキラッと光を入れることもできる)。
 あの板は『レフ板 * 』と言って光を反射するようにできてるんだ。そうすれば露出補正とかフラッシュとか使わないで太陽光線を有効に利用できるからね。銀色の板とか白い板とか面の色にも種類があるし、その当て方もいろいろテクニックがあって難しい。ま、一般人がレフ板持って歩くわけにもいかないので、プロだって逆光とか光の扱いには苦労してんだねぇ、と言うことをチラッと覚えておこう。

※注:『レフ』とはReflection(反射)の略。一眼レフカメラの『レフ』も実は反射(Reflexの方)の意味の『レフ』なのだけれど、なにが反射してるんだろう、、、さぁ、、、(逃)

※露出補正は露光補正と言ったりもします。

●モデル/中川翔子

●このコーナーでイマイチわからない言葉があったらやさしい写真の用語をご覧ください。やさしく詳しく解説されてます。

●このコーナーを第1回から読みたい方はこちらから

※掲載した写真は特に注釈がない限り説明用に一眼レフカメラで撮影されています。


2002年06月19日掲載

<--Back     Next-->



Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部