* 週刊フォトエッセイ*

ローテク・フォトレッスン
「撮れルンです!」


  文・写真/河野朝子 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

左手でガッチリホールド


写真
---> 拡大表示

お花は優しくホールド


●写真やカメラについて今さら人に訊けないこと、わかんないことがあったらガシガシおたずねください!
投稿はPOSTERIからよろしく!質問待ってます!





■52■ シャッター半押しのお約束

 で!で!で!奥さん!奥さん、最近のデジカメやコンパクトカメラ*にはまずシャッターを半押しにして、カメラからピントが合ったことを知らせる合図**があるまで待ち、そのあとでシャッター全押しにして写真を撮る、っつーお約束があるのはご存じですよね。
 奥さんや私が青春の頃のカメラと異なり、最近のカメラにはAF(オートフォーカス)とかAE(オート露出)とかいろんな素晴らしい機能がてんこ盛りになっている。これによって昔ではあり得なかったようなカッコいい写真が小さいカメラでもどっかんどっかん撮れてしまうのだが、それには『携帯電話だと隣のウチに電話するにも市外局番からダイヤルしなくちゃなんねぇ』ってのとおんなじように(?)、昔とは異なるお約束が存在するのである。
 とにかく写真を撮るときは、まずシャッター半押し。ピントが合ったことをカメラが知らせてきたらそこで初めてシャッターを全押しにする、と言う習慣を身に付けていただきたい。
 これが最初はなかなか難しかったりするのだけれど、パソコンのマウスなんて言う珍妙な道具を立派に使いこなせているならあとは慣れだけ。ノートパソコンのタッチパッドを使えてたらもっと楽勝! トラックポインタなんて言う変なポッチ(キーボードの真ん中にあるヤツ)をホイホイ使いこなしてるんだったらシャッター半押しなんて朝飯前でしょ。

*注1)もちろん全部が全部というわけではない。この件に関しては次の次の週で説明しよう。

**注2)「ピッ」という電子音が鳴ったり、ファインダーの横にあるランプが点灯したりしてピントが合ったことを知らせてくれるのだ。

●モデル/中川翔子

●撮影協力/花木屋(03-3827-6665)

●このコーナーでイマイチわからない言葉があったらやさしい写真の用語をご覧ください。やさしく詳しく解説されてます。

●このコーナーを第1回から読みたい方はこちらから

※掲載した写真は特に注釈がない限り説明用にデジタル一眼レフカメラ(FinePix S1Pro)で撮影されています。


2002年10月30日掲載

<--Back     Next-->



Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部